Peer-reviewed articles

(*corresponding author, #equal contribution)

Klosterneuburg, Austria
Klosterneuburg, Austria

2020

Dynamic properties of heart fragments from different regions and their synchronization

Shin Arai, Kento Lloyd, Tomonori Takahashi, Kazuki Mammoto, Takashi Miyazawa, Kei Tamura, Tomoyuki Kaneko, Kentaro Ishida, Yuuta Moriyama and Toshiyuki Mitsui*

Bioengineering. 2020, 7(3), 81. doi: 10.3390/bioengineering7030081

2019

Localization of ß-catenin and Islet in the pelvic fin field in zebrafish

Yuuta Moriyama, Hilda Mardiana Pratiwi, Shogo Ueda and Mikiko Tanaka*

Zoological Science. 2019 36(5):365-371. doi: 10.2108/zs180185

Evolution of the avian digital pattern

Kenta Kawahara, Ingrid Rosenburg Cordeiro, Shogo Ueda, Guojun Sheng, Yuuta Moriyama, Chika Nishimori, Reiko Yu, Makoto Koizumi, Masataka Okabe and Mikiko Tanaka*

Scientific Reports. 2019 Jun 12;9(1):8560. doi: 10.1038/s41598-019-44913-w

Cux2 Refines the Forelimb Field by Controlling Expression of Raldh2 and Hox genes

Shogo Ueda, Ingrid Rosenburg Cordeiro, Yuuta Moriyama, Chika Nishimori, Kei-ichi Kai, Reiko Yu, Ryuichiro Nakato, Katsuhiko Shirahige and Mikiko Tanaka*

Biology Open. 2019: bio.040584 doi: 10.1242/bio.040584

Involvement of HGF/MET signaling in appendicular muscle development in cartilaginous fish

Eri Okamoto#, Yuuta Moriyama#, Shigehiro Kuraku, Kei-ichi Kai and Mikiko Tanaka* #These authors contributed equally to this work

Development, Growth and Differentiation. 2019 Jan;61(1):97-103. doi: 10.1111/dgd.12591

Cardiac septation in heart development and evolution

Katano Wataru#, Yuuta Moriyama#, Jun K Takeuchi and Kazuko Koshiba-Takeuchi* #These authors contributed equally to this work

Development, Growth and Differentiation. 2019 Jan;61(1): 114-123. doi: 10.1111/dgd. 12580

2018

Significance of whole-genome duplication on the emergence of evolutionary novelties

Yuuta Moriyama* and Kazuko Koshiba-Takeuchi

Briefings Functional Genomics. 2018 Sep 27;17(5) 329-338. doi:10.1093/bfgp/ely007

2016

Evolution of the fish heart by sub/neofunctionalization of an elastin gene

Yuuta Moriyama*, Fumihiro Ito, Hiroyuki Takeda, Tohru Yano, Masataka Okabe, Shigehiro Kuraku, Fred W. Keeley and Kazuko Koshiba-Takeuchi*

Nature Communications. 2016 Jan 19;7:10397. doi: 10.1038/ncomms10397

2013

Formation of the digestive tract in Ciona intestinalis includes two distinct morphogenic processes between its anterior and posterior parts.

Keiichi Nakazawa, Takumi Yamazawa, Yuuta Moriyama, Yosuke Ogura, Narudo Kawai, Yasunori Sasakura and Hidetoshi Saiga*

Developmental Dynamics. 2013 Oct;242(10) 1172-83. doi: 10.1002/dvdy.24009

Modular development of the teleost trunk along the dorsoventral axis and zic1/zic4 as selector genes in the dorsal module

Toru Kawanishi, Takuya Kaneko, Yuuta Moriyama, Masato Kinoshita, Hayato Yokoi, Tohru Suzuki, Atsuko Shimada and Hiroyuki Takeda*

Development. 2013 Apr;140(7) 1486-96. doi: 10.1242/dev.088567

2012

The medaka zic1/zic4 mutant provides molecular insights into teleost caudal fin evolution

Yuuta Moriyama, Toru Kawanishi, Ryohei Nakamura, Tatsuya Tsukahara, Kenta Sumiyama, Maximiliano L. Suster, Koichi Kawakami, Atsuhi Toyoda, Asao Fujiyama, Yuuri Yasuoka, Yusuke Nagao, Etsuko Sawatari, Atsushi Shimizu, Yuko Wakamatsu, Masahiko Hibi, Masanori Taira, Masataka Okabe, Kiyoshi Naruse, Hisashi Hashimoto, Atsuko Shimada and Hiroyuki Takeda*

Current Biology. 2012 Apr 10;22(7) 601-7. doi: 10.1016/j.cub.2012.01.063
 

Articles for Japanese journals or books

Vienna, Austria
Vienna, Austria

2019

生き物のからだづくりの謎を解く

守山裕大

News SOKEN(青山学院大学総合研究所刊行物)、2019年、Vol. 19, 8-10

2016

elastin 遺伝子の重複と新規機能獲得による真骨魚類における心臓流出路の進化

守山裕大、小柴和子

実験医学、2016年、Vol. 34, No. 11, 1771-1774 

2015

脊椎動物の心臓形態と冠動脈循環系における発生と進化(最新冠動脈疾患学 上) 

守山裕大、小柴和子

日本臨牀、2015年、74, 4, 35-42

イカやタコは心臓を3つ持っている

守山裕大

理科好きな子に育つ ふしぎのお話365:見てみよう、やってみよう、さわってみよう、体験型読み聞かせブック 

脊椎動物心臓の発生・再生と進化

伊藤航平、守山裕大、竹内純、小柴和子 

生体の科学、2015年、66(3), 212-216 

2014

シーラカンスと脊椎動物心臓進化(特集 シーラカンス研究最前線) 

守山裕大、竹内純、小柴和子

遺伝:生物の科学、2014年、68(3), 233-237

心臓の進化と発生(特集 心臓造形生物学:Heartができるメカニズム) 

守山裕大、小柴和子

細胞工学、2014年、33(11), 1157-1164 

2013

脊椎動物の心臓進化:形態と機能の多様性はどのように生み出されたか(特集 形態進化のロジック を辿る:エボデボ研究最前線(動物編)) 

守山裕大、竹内純、小柴和子 

遺伝:生物の科学、2013年、67(2), 197-208 

Research Grants & Projects

Vienna, Austria
Vienna, Austria

新学術領域研究(研究領域提案型)

研究題目:自己組織化過程における細胞の揺らぎと対称性の破れ(新学術領域 進化制約方向性)

研究代表者:守山裕大

研究期間:2020年4月 - 2022年3月


基盤研究(C)

研究題目:心臓進化に着目した前適応の分子メカニズムの解析

研究代表者:守山裕大

研究期間:2020年4月 - 2023年3月


成茂動物科学振興基金

研究題目:条鰭類における心臓流出路の進化発生学的研究

研究代表者:守山裕大

研究期間:2019年10月 - 2020年9月


基盤研究強化支援推進プロジェクト(青山学院大学)

研究題目:細胞外マトリックスElastin bの物性的性質に着目した平滑筋細胞誘導法の確立

研究代表者:守山裕大

研究期間:2019年4月 - 2020年3月


ーリーイーグル研究制度奨励金(青山学院大学)

研究題目:細胞外マトリックスに着目した心臓構成細胞の細胞運命決定メカニズムの解析

研究代表者:守山裕大

研究期間:2019年4月 - 2020年3月


日本学術振興会 海外特別研究員 

研究題目:細胞の物性的性質に着目した原腸陥入様式の進化発生学的解析

受入先:Prof. Carl-Philipp Heisenberg (Institute of Science and Technology Austria)

研究代表者:守山裕大

研究期間:2016年5月 - 2018年4月


日本学術振興会 特別研究員PD 

研究題目:軟体動物頭足類にみられる鰓心臓に着目した心臓の進化発生学的研究 

受入先:小柴和子 講師(東京大学 分子細胞生物学研究所)

研究代表者:守山裕大

研究期間:2013年4月 -2016年3月 


日本学術振興会 特別研究員DC2 

研究題目:脊柱後端部における形態進化の分子メカニズム 

受入先:武田洋幸 教授(東京大学大学院 理学系研究科)

研究代表者:守山裕大

研究期間:2010年4月 - 2012年3月 


Invited talks

Tokyo, Japan
Tokyo, Japan

2019

生き物のからだはどのようにつくられるのか:発生生物学の紹介とその展望

守山裕大

青山学院大学 物理・数理学科コロキウム、神奈川、2019年6月

2018

Cell blebbing bridges time and space in zebrafish gastrulation

守山裕大

新学術領域研究「進化の制約と方向性」 第3回理論情報交換会 若手企画ワークショップ「発生拘束の理解 とその応用」、愛知、2018年12月 

2016

How to generate evolutionary novelties: a lesson from fish heart evolution

Yuuta Moriyama, Carl-Philipp Heisenberg, Kazuko Koshiba-Takeuchi

第22回国際動物学会、第87回日本動物学会 共催大会、沖縄、2016年 11月 

2015

進化的新規形質はどのように獲得されたのか、心臓の進化を例に考えてみよう

守山裕大 

第3回生態進化発生コロキウム、東京、2015年12月 

2014

elastin gene neofunctionalization and formation of teleost-specific heart component "bulbus arteriosus" in fish evolution and development

Yuuta Moriyama, Jun K Takeuchi and Kazuko Koshiba-Takeuchi

第16回日本進化学会、大阪、2014年8月

How to convert cardiomyocyte into smooth muscle; Lessons from fish evolution

Yuuta Moriyama, Jun K Takeuchi and Kazuko Koshiba-Takeuchi

第47回日本発生生物学会、愛知、2014年5月 

2009

Analysis of the somite-specific enhancer of the zic genes in medaka: toward understanding of the evolution of the external morphology in vertebrates

Yuuta Moriyama, Toru Kawanishi, Atsuko Shimada, Kiyoshi Naruse and Hiroyuki Takeda

第32回日本分子生物学会年会、神奈川、2009年12月

メダカ zic遺伝子の体節特異的エンハンサーの解析:脊椎動物における外部形態の進化の解明を目指 して

守山裕大

生化学若い研究者の会 関東支部支部会第4回 活躍する若手によるセミナー、千葉、2009年12月

 メダカ zic遺伝子の体節特異的エンハンサーの解析:脊椎動物における外部形態の進化の解明を目指 して

守山裕大

日本動物学会 第80回大会 関連集会"EvoDevo青年の会"、静岡、2009年9月

 

Presentations on conferences

Heiligenstadt, Austria
Heiligenstadt, Austria

2019

Cell blebbing bridges time and space in zebrafish gastrulation

Yuuta Moriyama and Carl-Philipp Heisenberg

日本発生生物学会 第52回大会、口頭発表、大阪、2019年5月

2018

Involvement of HGF/MET signaling in appendicular muscle development in cartilaginous fish

Yuuta Moriyama, Eri Okamoto, Shigehiro Kuraku, Kei-ichi Kai and Mikiko Tanaka

新学術領域研究「進化の制約と方向性」 第3回理論情報交換会、ポスター発表、愛知、2018年12月

2015

Evolution of the fish heart by sub/neofunctionalization of an elastin gene

Yuuta Moriyama and Kazuko Koshiba-Takeuchi

EMBO conference 2015、口頭発表、フランス パリ、2015年 9月

Evolution of the fish heart by sub/neo-functionalization of an elastin gene

Yuuta Moriyama, Jun K Takeuchi and Kazuko Koshiba-Takeuchi

Pan-American Society for Evolutionary Developmental Biology 2015、ポスター発表、アメリカ カリフォ ルニア、2015年7月

Neofunctionalization of elastin gene demarcates teleost heart outflow tract by regulating cell fate determination via YAP

Yuuta Moriyama, Jun K Takeuchi and Kazuko Koshiba-Takeuchi 第48回日本発生生物学会、ポスター発表、茨城、2015年6月

Teleost-specific ECM "Elastin2" demarcates teleost heart OFT by switching cell fate determination via YAP

Yuuta Moriyama, Jun K Takeuchi and Kazuko Koshiba-Takeuchi

Weinstein Cardiovascular Conference 2015、ポスター発表、アメリカ ボストン、2015年5月

2014

心筋か平滑筋か ~真骨魚類の進化から明らかとなった新規細胞運命決定メカニズム~ 守山裕大、竹内純、小柴和子

第13回心臓血管発生研究会、口頭発表、福島、2014年10月

elastin gene sub/neo-functionalization and formation of teleost-specific outflow tract, "bulbus arteriosus", in fish evolution and development

Yuuta Moriyama, Jun K Takeuchi and Kazuko Koshiba-Takeuchi

Biannual Meeting of European society for Evolutionary Developmental Biology 2014、口頭発表、オーストリア ウィーン、2014年7月

心筋か平滑筋か: 魚の進化から明らかとなった新規細胞運命決定メカニズム

守山裕大

東京大学分子細胞生物学研究所 第2回研究交流会、ポスター発表、東京、2014年7月

How to convert cardiomyocyte into smooth muscle; Lesson from fish evolution

Yuuta Moriyama, Jun K Takeuchi and Kazuko Koshiba-Takeuchi

Weinstein Cardiovascular Conference 2014、ポスター発表、スペイン マドリード、2014年5月

2013

真骨魚類の心臓にみられる進化的新規形質"動脈球"の発生と進化

守山裕大、小柴和子

第1回生態進化発生コロキウム、口頭発表、東京、2013年12月

elastin gene sub/neo-functionalization and formation of teleost-specific outflow tract, "bulbus arteriosus", in fish development and evolution

Yuuta Moriyama, Jun K Takeuchi and Kazuko Koshiba-Takeuchi

第36回日本分子生物学会、ポスター発表、兵庫、2013年12月

elastin gene sub/neo-functionalization and formation of teleost-specific outflow tract, "bulbus arteriosus", in fish development and evolution

Yuuta Moriyama, Jun K Takeuchi and Kazuko Koshiba-Takeuchi

第19回小型魚類研究会、口頭発表、宮城、2013年9月

軟体動物頭足類にみられる進化的新規形質"鰓心臓"に関する進化発生学的研究

守山裕大、竹内純、小柴和子

第84回日本動物学会、口頭発表、岡山、2013年9月

Elastin gene subfunctionalization and formation of teleost-specific outflow tract, "bulbus arteriosus", in fish evolution and development

Yuuta Moriyama, Jun K Takeuchi and Kazuko Koshiba-Takeuchi

第46回日本発生生物学会、口頭発表、島根、2013年5月

Vertebrates Heart Evo-Devo; Ventricular Septation of Heart is Established by a Steep and Correctly Positioned Tbx5 Gradient

Yuuta Moriyama, Jun K Takeuchi and Kazuko Koshiba-Takeuchi

CDB Symposium 2013, The Making of a Vertebrate、ポスター発表、兵庫、2013年3月 

2012

The medaka zic1/zic4 mutant provides molecular insight into teleost caudal fin evolution

Yuuta Moriyama and Hiroyuki Takeda

Biannual Meeting of European society for Evolutionary Developmental Biology 2012、口頭発表、ポルト ガル、リスボン、2012年7月

2011

メダカ変異体Double anal finを用いた真骨魚類尾部骨格に関する進化発生学的研究

守山裕大、河西通、中村遼平、成瀬清、島田敦子、武田洋幸

東京大学クローバルCOEリトリート 2011、ポスター発表、神奈川、2011年11月

zic1/zic4は真骨魚類における正型尾形成に必須である

守山裕大、河西通、中村遼平、成瀬清、島田敦子、武田洋幸

日本動物学会 第82回大会、ポスター発表、北海道、2011年9月

2010

脊椎動物における尾部骨格の形態進化

守山裕大

日本発生生物学会 夏季シンポジウム2010、口頭発表、東京、2010年8月

The zic genes as master regulators in dorsoventral patterning of the fish trunk structures

Yuuta Moriyama, Ryohei Nakamura, Toru Kawanishi, Atsuko Shimada and Hiroyuki Takeda

2nd Joing Meeting of the French and Japanese Societies for Developmental Biology、口頭発表、フランス、パリ、2010年5月

Analysis of the somite-specific enhancer of the Zic genes in medaka: Toward understanding of the evolution of the external morphology in vertebrates

Yuuta Moriyama, Rhohei Nakamura, Toru Kawanishi, Atsuko Shimada and Hiroyuki Takeda

CDB symposium 2010 Frontiers in Organogenesis、ポスター発表、兵庫、2010年3月 

2009

Analysis of the somite-specific enhancer of the zic genes in medaka: toward understanding of the evolution of the external morphology in vertebrates

Yuuta Moriyama, Atsuko Shimada, Kiyoshi Naruse and Hiroyuki Takeda

東京大学クローバルCOE第3回リトリート、口頭発表、神奈川、2009年10月

Analysis of the somite-specific enhancer of the zic genes in medaka: toward understanding of the evolution of the external morphology in vertebrates

Yuuta Moriyama, Atsuko Shimada, Kiyoshi Naruse and Hiroyuki Takeda 日本発生生物学会 第42回大会、口頭発表、新潟、2009年5月

Analysis of the somite-specific enhancer of the zic genes in medaka: Toward understanding of the evolution of the morphology in teleosts

Yuuta Moriyama, Atsuko Shimada, Kiyoshi Naruse and Hiroyuki Takeda

東京大学クローバルCOE第2回リトリート、ポスター発表、山梨、2009年3月

2008

Analysis of the somite-specific enhancer of the zic genes in medaka: Toward understanding of the evolution of the morphology in teleosts

Yuuta Moriyama, Atsuko Shimada, Kiyoshi Naruse and Hiroyuki Takeda

東京大学クローバルCOE第1回リトリート、口頭発表、神奈川、2008年10月

Analysis of the medaka spontaneous mutant Double anal fin defected in an activity of a somite- specific enhancer of zic1 and zic4

Yuuta Moriyama, Toru Kawanishi, Atsuko Shimada, Kiyoshi Naruse and Hiroyuki Takeda

The 16th CDB Meeting Cis-sequence regulation and its evolution、口頭発表、兵庫、2008年9月

Characterization and transgenic rescue of the medaka spontaneous mutant Double anal fin

Yuuta Moriyama, Atsuko Shimada, Shen Xueyan, Kiyoshi Naruse and Hiroyuki Takeda

日本発生生物学会 第41回大会、ポスター発表、徳島、2008年5月 

2007

メダカ自然突然変異体Daの原因候補遺伝子zic1, 4の組織特異的調節領域の同定

守山裕大、島田敦子、武田洋幸

日本動物学会 第78回大会、ポスター発表、青森、2007年9月

カタユウレイボヤの消化管形成と遺伝子発現

守山裕大、生田哲郎、小笠原道生、西駕秀俊

日本動物学会関東支部会 第59回大会、ポスター発表、東京、2007年3月